ヨーロッパが遠くなってしまった

飛行機雲、本当に長いこと飛行機に乗っていないぁと、しばらく眺めていました。

我が家はいろいろな事情で海外旅行から遠ざかって久しいのですが、コロナ感染拡大でさらに遠くなったと思っていたところに、まさかの侵略戦争。21世紀にこんなことが起きるなんて想像もしていませんでした。

コロナ感染が終息したら出かけられるかな、なんて呑気に考えていました。

おじさんが初めてヨーロッパに社用で出かけた時は「アンカレッジ経由」、この言葉を聞くのも久しぶり、時代がわかるというもの(笑)。

ヨーロッパへは今このアンカレッジ(アラスカ)経由が復活、それか南回り、遠回りする分時間がかかることになります。直行便での12時間も長く感じていたのに・・。

仕事やご家族の都合などでヨーロッパ便を利用される方はさぞかし大変。個人で旅行する場合は日程にも影響しそうです。

それに加えて円安、1ドルが128円から129円ぐらい、ユーロだとおおよそ135円。これはなかなか厳しい。

今よりずっと若かったにもかかわらず、重いスーツケースをゴロゴロ引っ張って電車や飛行機で移動するのが辛くなって、二度ほどフリータイムの多いツァーを利用したことがあります。

確かに移動は楽でしたし、面倒なこともほとんどやらずに済むのですが、あまり向いてないのかなぁ。

幸いにも個人旅行で大きなトラブルに巻き込まれたことはなかったのですが小さな?失敗談は山ほど、冷や汗をかいたことも何度もありました。

場所によっては現地の言葉しか通じない、そんな時は身振り手振りで必死。

ヨーロッパでの留学経験があって言葉に不自由しないTさんが羨ましかったです。ならば勉強すればってことなんですが、当時は仕事を片付けて出かけるのが精一杯(と得意の言い訳)。当分旅行は無理だけど希望を持って、YouTubeで気分だけでも・・。

 

 

 

 

 

爽やかなユリノキの花

Tさんから送られた追加の画像、ユリノキの花。本当に爽やかですね。Tさんは毎年心待ちにしているそうです。ものすごく大きな樹のようで撮影は難しかったはずです。

ユリノキ(百合の木)、でも英名はTulip Tree。??

ウィキペディアによると、学名の種小名は「チューリップ(のような花)をつける」の意味、そういえば何となく形はそれらしい。

日本に渡来した明治時代にはチューリップは一般的ではなかったのでギリシャ語由来の学名Liriodendron tulipifera(lirion ユリ + dendron 木)を「ユリノキ」と訳し、これが標準和名となった、とあります。ふ~ん、なるほど。車を走らせないとこの辺では見かけない・・いや見てないのかも。

「ほら、見て」と言われた実家のプランターの薔薇。去年いただいたバラがあんまりにも元気がなかったので母が植え替えたもの。元気に育っていて驚いた。蕾もたくさんついている。

こっちは種類が違うのね。どうしたんだっけ?

それはねぇ~、○★◇☆△。by母。

・・・まぁ、いいか。咲いてくれたら楽しみだもんね。

雨の日曜日はどうしたら「いつもと違う、ちょっと楽しいことができるのか」が目下の課題。難しい・・。

 

 

美味しいパンが食べたいって?

母の手首の炎症で週一回、三週間整形外科へ付き添いましたが、痛みが引いて元気になってきたところで

美味しいパンが食べたいなぁ。え??急に言う・・?

あれこれ考えて浮かんだのが、少し前に初めて行ったベーカリーハチ。

画像はクリームチーズとイチジク、四角いパンはリュスティック、だったかな。先に食べてしまった母のはチョコレートとクランベリー(画像撮り忘れ)。

とろりと柔らかなチョコレートとクランベリーの酸味がバランス良いそうで、満面の笑み。しっかり重さがあるし、やや固めのパンですが、少しずつ味わって食べたそうです。夜、「美味しくて大満足」とメールが来ました。

 

クリームチーズとイチジクも惜しげなく材料を使っているので食べごたえがあります。リュスティック?はパン生地の味がしっかりあって、何もつけなくても充分美味しい。全部で700円、これだけ材料を使っていたら納得です。私もこのお店のパンが好き。

 

明治生まれの祖父母も朝食はパン派でした。お隣りがパン屋さんだったそうで、昔から母もパンが好き。いつもは柔らかい軽めのパンなので、新鮮だったそうです。

 

www.facebook.com

因みに、あんぱんは早く行かないと売り切れます。我が家の勝手な、あんぱんランキングによると今のところベーカリーハチが一番。

 

 

ヨドバシカメラへ行ってきました

今頃、ではありますが少し前(だいぶ前、かも)にできたヨドバシカメラへ行ってきました。平日の夕方、混雑しない時間を見計らって。おじさんのお目当てはオーディオコーナー、その後はアウトドア用品のフロアへ移動。品物の数が多くて見応えがあります。ここで、お財布を忘れたことに気づく、すみませ~ん。

この建物、以前はデパートでした。一階のカフェは居心地が良く、サイフォンで淹れる珈琲はとても美味しかったのです。カフェの閉店が決まった時は本当にがっかり。

その後デパートそのものも閉店、しばらくしてヨドバシカメラになりました。駅前広場も整備されてすっきり。

道すがら見かけたアグロステンマ(ムギナデシコ)、倒れないようにポールで補助がしてありました。

ご近所Oさんのお庭のシャクナゲをいただいてきたもの。華やか、ほんのりと良い香りがします。

仲良しご近所さんのお庭のカルミアアメリシャクナゲ)。途中ところどころでご近所さんと立ち話し・・田舎の街の良さでもあります。

連休中は自然ウォッチング

「連休中は自然ウォッチング」だったTさんから新しい画像が届きました。

ハンショウヅル(半鐘蔓)、キンポウゲ科の植物。下向きに咲く花が半鐘のような形、たしかに見た目そのままの名前。クレマチスと同族だそうですがクレマチスとは花の形はだいぶ違いますね。でもなんだかかわいい。

鮮やかな黄色の花はキンラン(金蘭)、黄金色の花をつけるところからの命名だそうです。

絶滅危惧種Ⅱ類指定、人口栽培が難しいのだとか。保護活動の成果で数が増えてきたそうですが里山など環境の整ったところでしかお目にかかれないかも。

小さな小さな白い花はコゴメウツキ(小米空木)。花のサイズは約5ミリだそうです。白い花が砕けた米に見立てたらしい、との事。いや、これは小さすぎて気づかないで通り過ぎちゃいます、私なら。

普段から野草や植物に関心を持って探さないと・・ウォッチングと言っても漫然と見ていると出会えません。私にはTさんのような植物の知識もありません。その上に絶対ぼんやりウォッチング。

コゴメウツキの花言葉は「運の強い人」?!ぼんやりウォッチングやめますっ。

 

芸術の森公園の薔薇

芸術の森公園は入場無料です。敷地の中に美術館と文学館があり(それぞれ有料)、公園内は誰でも自由に入れます。公園内にはたくさんの彫刻もあり、本当に贅沢かも。以前はなかった薔薇園があってびっくり。

ビロードのような深い赤の薔薇。

純白の薔薇。

風格のある黄色い薔薇。

名前でつい・・。辺り一面にバラの香りも漂って思わず深呼吸。

これだけの規模の緑に囲まれた美術館が小さな地方の街にある、すごいことだと思います。

ヘンリームーアの彫刻。公園内の彫刻は全部で15点。

別角度のビッグ・アップル。この日は富士山が見えなかったけれど本当に爽やか。緑豊かな自然に囲まれた南仏サンポール・ヴァンスのマーグ財団美術館みたいかな、なんて。一歩外へ出ると、少々残念な街並みですが・・。

県立美術館と芸術の森公園へ

県立美術館でフランソワ・ポンポン展が開催されています。三連休最終日の夕方なら混雑していないだろう、と出かけてきました。

ポンポンさん、名前がかわいすぎて一度で覚えられます。動物彫刻の代表作家で、出身地のブルゴーニュ地方のディジョン美術館と群馬県立舘林美術館などから作品が展示されています。今回は芸術公園の中をゆったり歩きました。

美術館と文学館が同じ敷地にあり、たくさんの緑に囲まれています。この日は湿度が低く、暑くもなく貴重な過ごしやすい一日。風があるので大きな木々のさわさわと揺れる音が心地よい。

お馴染み、佐藤正明さんのビッグ・アップル。小高い丘になっているので、ごろりと横になって休日を満喫している方が多かったです。

文学館前の噴水。この前に腰かけていると気持ちが安らいできます。

和の景観の場所もあります。

6ヘクタールあるそうで広大な敷地の木々や花、どこもきれいに手入れされています。この日も作業をされる方たちは黙々と働いていらっしゃって、大変だろうなぁ、なんて思いながらあちこちで立ち止まり撮影。

小さな花、名前は書かれていませんでしたので不明です。

本当に広々、緑が多く気持ちよく過ごせます。この美術館と公園を作ってくださったことに感謝。